読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旦那の可愛がり方

大好きな旦那さんへの思いを一方的に込めたブログです。いつか旦那さんが読んでくれると良いな・・・

私の妊娠ライフ・ダイジェスト版

こんにちは。読んで頂きありがとうございます。

私の妊娠ライフの思い出を
かなりのダイジェストでお届けします。

 

妊娠に気付いたきっかけは
着床出血( ゚Д゚)

月のお客さんがいらす予定日少し前に
出血があったのですが、
量が少ないし、すぐに終わったな・・・
と思っていました。しかし!
急に、もしかして?とカンが働き、
市販の検査薬で調べて妊娠発覚しました。

着床出血、調べてみると100人に1人くらいの
割合でするみたいです。

産科で、したからといって
妊娠がダメになってしまうわけではない
と言われ、安心しました。
実際、無事出産しましたので、
もし同じように着床出血した方、
必要以上に不安にならないで下さいね!

 

妊娠初期
つわりは有り難いことに軽め。
常に眠たい、ぼんやりする、といった感じでした。
食べつわりで、食べても食べてもお腹が空いて、
お腹が空くと気持ち悪くなるのでよく食べました。
1か月で2キロ太って産科で怒られました(T_T)
体重増加は8キロまでと言われていたので、
当たり前と言えば当たり前・・・
どんなペース配分で太る気だったんだ自分、と
今なら思えます。

 

安定期
ちっとも安定しませんでした(-"-)
6か月目くらいから出血してしまい、
安静にするよう言われました。
私なりに安静にはしていたのですが、
家事をしないわけにはいかないので、
ちょっと手を抜いたり、旦那さんに
協力してもらったりして乗り越えました。
しかし、出血が止まった時、
『もう寝たきりじゃなくて良いですよ』
と言われて焦りました( ゚Д゚)
え~?!寝たきりじゃないといけなかったの~?!

お医者さんに安静と言われた方は、
どの程度の安静かを確認する事をお勧めします。

出血の原因は、後で教えてもらえたのですが、
子宮の管がすごく短くなっていたことらしいです。
私の場合、元の長さが人より長かったので
大事には至らなかったようですが、
え~先に言ってくれたらもうちょっと安静度あげたのに~
と思いました。
出血している時は『とにかくゆっくりして下さい』
としか言われなかったのです!
私に余計な心配をかけて不安にさせないようにとの
配慮だったのかもしれませんが(T_T)
たのんますよ・・・

 

妊娠後期
やっと出血もおさまり一安心(^-^)
でももう安定期終わっちゃた・・・(-"-)
安定期に動けなかったツケが来て、
今度は2週間で2キロ太って、
また産科で怒られました(T_T)

 

妊娠の主な思い出が
出血と、太って怒られたこと・・・(-"-)
情けないわ・・・(T_T)
この後、出産前も出血しましたしね。
どんだけ血の気が多いんだ自分・・・
でも貧血の診断ありなのです。
人体の神秘ですね|д゚)

 

そんな妊娠ライフでありました('◇')ゞ
ひとつ言えるのは、旦那さんの協力なしでは
この出血妊娠ライフは決して乗り越えることが
出来なかったであろうということです。

 

食事がお粗末な日でも文句一つ言わず、
『しんどいのに作ってくれて有難う』とか
可愛いことを言ってくれた。

私が重たい物が持てないからと、
休みの日に率先して買い物に行ってくれた。

私が不安で泣いている日は、仕事を早く切り上げて
甘い物を買って帰って来てくれた。

子供の名前を、一生懸命考えてくれた。

私の大きなお腹に向かって、話しかけてくれた。

我が子は女の子なのですが、
性別が判明する前は、なぜか夫婦共々、男の子だと
勝手に思っていて『タロウ』と呼びかけていたのです。

私の出血が止まらない時、旦那さんが、
『もしかして女の子なんじゃないの?
 それで、タロウじゃないよ~、ハナコだよ~って
 言ってるんじゃない?』
と言い出し、お腹に向かって、
『女の子でも良いんだよ~
 おーいハナコ~
 元気に出ておいで~
 お母さんの出血止めてあげて~』
と呼びかけてくれました。

・・・実は、それで出血が止まりました。

 

私の旦那さんは
本当に本当に、優しい人です。

我が子ハナコがお腹に居る時、
ハナコを通して旦那さんの遺伝子が
私の中にあるということは、
今私と旦那さんは同一人物と
言っても過言ではないのでは?
と思って嬉しかったです。
いや、過言なのですが。

ハナコには、旦那さんみたいに
優しい子に育って欲しいです。
その為には、私が優しい気持ちを持たなければ!
頑張るであります('◇')ゞ

おしまい。